人事労務管理相談、給与計算、労働社会保険、外注、人事評価給与制度制定・改訂・見直し・支援、労務監査、
株式上場・公開、管理職教育・研修、残業代固定・削減・割増率、中小企業基盤人材確保助成金等の問題に対応します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大空高く舞い上がるために
皆さん、こんにちは。湯澤@情熱社労士です。

今日は東京も雨が降り寒くなってきています。
東北地方そして茨城県や千葉県の被災地を考えますと、
せめて天気だけは「晴れ」になってほしいです。


皆さんはご存知でしょうか?
鳥は、空に飛び立つ時に、向かい風に向けて羽を広げる
といいます。また、スキーのジャンプ競技も、大きく・高く
飛ぶために向かい風を待つそうですね。
今まさに、世の中は、向かい風が吹き荒れていますが、逆に、
この向かい風を強く浴びて、皆さんとともに大空高く舞い
上がっていけるような日本にしたいですね。


負けるな日本!負けるな東北地方&茨城県! 
そして相当頑張るぞ、俺!!!



東京都中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区・文京区
・品川区・目黒区・江東区内の労働問題はいつでもお気軽にご相談下さい。


東京都・東京都中央区・東京都近郊の社会保険労務士(社労士)をお探しの方はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


顧問社会保険労務士事務所(顧問社労士)を替えたいお客様はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


標準料金表はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/charge/charge.html


■障害者雇用・特例子会社の設立等についてもご相談を承ります。

経営コンサルティング・不動産のことはこちらから
株式会社サイ・パートナーズ
http://www.sai-p.co.jp/

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

勇気づけられるツイート
皆さん、こんにちは。湯澤@情熱社労士です。

このたびの東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。


今日は、栃木県の20歳の若者が「地震と津波の被害者の
ために自分に何か出来ることがないかと考え、地震初日の
夜、停電の暗闇の中で立ち上げた」というサイトをご紹介
します。

とても勇気付けられるツイートが掲載されており、
今ほど、自分が日本人である事、そして日本で生活している
事がどんなに素晴らしいことかを誇りに思います。

http://prayforjapan.jp/tweet.html

読んで、しばらくは涙がとまりませんでした。


頑張ろう日本! 負けるな東北地方&茨城県!


東京都中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区・文京区
・品川区・目黒区・江東区内の労働問題はいつでもお気軽にご相談下さい。


東京都・東京都中央区・東京都近郊の社会保険労務士(社労士)をお探しの方はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


顧問社会保険労務士事務所(顧問社労士)を替えたいお客様はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


標準料金表はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/charge/charge.html


■障害者雇用・特例子会社の設立等についてもご相談を承ります。

経営コンサルティング・不動産のことはこちらから
株式会社サイ・パートナーズ
http://www.sai-p.co.jp/

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて
皆さん、こんばんは。湯澤@情熱社労士です。

日に日に、福島原発の放射能モレ問題が気になってしかた
ありません。しかしながら、東北地方の被災者のことも忘れて
はなりません。
買いだめはやめましょう。まずは、本当に困っている人に
いきわたるようにしていきましょう。
今こそ、日本人の「思いやり」を発揮するときです。


3月14日(月)より、多くの方よりご質問を頂いておりました
「計画的停電の影響により会社や工場を閉める場合、その日
の社員への給与支払はどうすれば良いのか?」について、
今般、行政通達が出ましたのでお知らせいたします。
なお、この号外は、これらの情報を必要とされている方への
転送を歓迎します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取り
   扱いについて【平成23年3月15日-行政通達】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※以下厚生労働省の通達を転載します。

                 基監発0315第1号
                 平成23年3月15日
都道府県労働局労働基準部監督課長 殿

             厚生労働省労働基準局監督課長

計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取り扱いに
ついて

休電による休業の場合の労働基準法(昭和22年法律第49号。
以下「法」という。)第26条の取り扱いについては、「電力
不足に伴う労働基準法の運用について」(昭和26年10月11日
付け基発第696号。以下「局長通達」という。)の第1の1に
おいて示されているところである。
今般、平成23年東北地方太平洋沖地震により電力会社の電力
供給設備に大きな被害が出ていること等から、不測の大規模
停電を防止するため、電力会社において地域ごとの計画停電
が行われている。この場合における局長通達の取り扱いは
下記のとおりであるので、了知されたい。

                    記

1 計画停電の時間における事業場に電力が供給されない
 ことを理由とする休業については、原則として法第26条の
 使用者の責めに帰すべき事由による休業には該当しないこと。

2 計画停電の時間帯以外の時間帯の休業は、原則として法
 第26条の使用者の責めに帰すべき事由による休業に該当する
 こと。ただし、計画停電が実施される日において、計画
 停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業とする場合であって、
 他の手段の可能性、使用者としての休業回避のための具体
 的努力等を総合的に勘案し、計画停電の時間帯のみを休業
 とすることが企業の経営上著しく不適当と認められるとき
 には、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて原則として
 法第26条の使用者の責めに帰すべき事由による休業には該当
 しないこと。

3 計画停電が予定されていたため休業としたが、実際には
 計画停電が実施されなかった場合については、計画停電の
 予定、その変更の内容やそれが公表された時期を踏まえ、
 上記1及び2に基づき判断すること。

■通達はこちらで確認できます(1ページ目)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/dl/110316a.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】(参考)電力不足に伴う労働基準法の運用について
┃  【昭和26年10月11日-行政通達】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※以下旧労働省の通達を転載します。
(参考)
                    基発第696号
                昭和26年10月11日
都道府県労働基準局長 殿
                  労働省労働基準局長
 
    電力不足に伴う労働基準法の運用について

最近電力事情の悪化は、全国的問題となり、各方面に深刻な
影響を与えつつあるのであるが、労働基準法の適用についても、
幾多の困難な問題が生じている。然して、電力問題は、根本的
には、電力の確保増強と、その需給調整により左右される
ところが大きいことに鑑み、本省においては、公益事業委員会
宛別紙の通り申入れを行い電力の確保と需給調整の合理化と
計画化について要望したのであるが、貴局においても電力事情
の実態を不断に把握し、左記要領により行政運営上万全の措置
を講ぜられたい。

第1 労働基準法の運用について
1 法第26条関係
休電による休業については、原則として法第26条の使用者
の責に帰すべき事由による休業に該当しないから休業手当を
支払わなくとも法第26条違反とはならない。なお、休電が
あっても、必ずしも作業を休止する必要のないような作業
部門例えば作業現場と直接関係のない事務労働部門の如きに
ついてまで作業を休止することはこの限りでないのであるが、
現場が休業することによつて、事務労働部門の労働者のみを
就業せしめることが企業の経営上著しく不適当と認められる
ような場合に事務労働部門について作業を休止せしめた場合
休業手当を支払わなくても法第26条違反とはならない。

2 以下略

■通達はこちらで確認できます(2ページ目)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/dl/110316a.pdf

なお、以下は、昨日の号外の内容と同様です。
こちらも再度、ご確認をお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
休業手当の「使用者の責めに帰すべき事由」とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回の東北地方太平洋沖地震に伴い「休業」をする場合も
出てくるものと思いますので、その際の取扱いについて
とりまとめます。
なお、いくつかの労働基準監督署に確認をしておりますが、
個別事案ごとに判断をしていく必要がでてきますので、
まず、ここでは一般的な考え方を押さえるようにして下さい。


Q:労働基準法第26条の休業手当の規定とは?
A:使用者の責に帰すべき事由による休業の場合において
  は、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均
  賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。

Q:労働基準法第26条に規定された休業手当に関して
 「使用者の責に帰すべき事由」とはどのような要件なのか?

A:実は、労働基準法上「使用者の責に帰すべき事由」に
  ついて詳しく規定がありません。そこで行政通達を
  見てみると、次のような取扱になります。

(1)使用者の責めに帰すべき事由にあたらないもの
・自然現象による休業(ただし休電であっても、作業休止
 する必要がない部分の休業や使用者が管理上の通常の注意
 をすれば防止できたにもかかわらずそれを怠ったために
 生じた休電、自家発電を利用すれば仕事を継続できた
 休電を除く)(昭23.6.16基収第1935号)
・代休付与命令による休業(昭23.6.16基収第1935号)
・ボイラーなどの汽罐検査による休業
・健康診断結果に基づいての休業や労働時間の短縮
 (昭23.10.21基発第1529号)
・労働争議のためにその組合員以外の労働者が労働力を
 供給できなくなった場合
・ストライキ解決後、創業再開にあたって流れ作業の
 時間的格差のために一斉に就業させることができな
 かった場合(昭24.12.2基収第3281号)
・使用者の労働争議行為である工場閉鎖のための休業
 (昭23.6.17基収第1953号)

(2)使用者の責めに帰すべき事由にあたるもの
・経済産業省の操短勧告による休業
・中小企業安定法による生産制限による休業
・経済事情その他外部の事情による休業の場合(原料の
 不足、配給機構の不円滑、倉庫充満などによる休業)
・親工場の経営難から下請企業が資材、資金の獲得が
 できず休業した場合(昭23.62基収第1998号)
・一部の労働者のストライキで残りの労働者を就業せ
 しめることが可能であったにもかかわらず使用者が
 これを拒否した場合(昭24.12.2基収第3281号)
・解雇が裁判所の仮処分で無効とされた場合
・仮処分の取り消しが言い渡されるまで解雇予告手当が
 支払われない場合は、支払日までの期間


不可抗力が帰責事由に含まれないことについては問題
ありません。となると問題は「不可抗力」であるか否かの
判断が非常に難しいということになります。
不可抗力とは、
(1)第一に、その原因が事業の外部より発生した事故
   であること
(2)第二に、事業主が通常の経営者として最大の注意
   を尽くして、なお避けることのできない事故であること
の二要件を備えたものでなければなりません。


使用者の責めに帰すべき事由による休業とは、使用者が
休業になることを避けるため社会通念上の最善の努力を
したかどうかが判断の基準となります。
言い換えると、不可抗力以外は使用者の責めに帰すべき
事由に該当すると考えることになります。


【ご注意ください】
あくまでも会社ごとに判断及び対応は異なりますので注意が
必要です。

頑張れ日本! 負けるな東北地方!


東京都中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区・文京区
・品川区・目黒区・江東区内の労働問題はいつでもお気軽にご相談下さい。


東京都・東京都中央区・東京都近郊の社会保険労務士(社労士)をお探しの方はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


顧問社会保険労務士事務所(顧問社労士)を替えたいお客様はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


標準料金表はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/charge/charge.html


■障害者雇用・特例子会社の設立等についてもご相談を承ります。

経営コンサルティング・不動産のことはこちらから
株式会社サイ・パートナーズ
http://www.sai-p.co.jp/


テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

東北地方太平洋沖地震 関連対策について
皆さん、こんにちは。湯澤@情熱社労士です。

この度の東北地方太平洋沖地震が発生し、多くの方が被災
されました。被災された方々にお見舞いを申し上げます
と共に、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。



東北地方太平洋沖地震 関連対策について
厚生労働省では、現地連絡本部を設置し、被災状況を把握する
とともに、 各種の救援・支援対策にあたっています。
主な対策は、次の通りです。


・被災された方は、被保険者証がなくても医療機関での受診が
 できます。
・保険者の判断により、健康保険の一部負担金の減免や保険料
 の納付期限の延長などができます。
・被災地域の事業所へは、厚生年金保険料及び労働保険料等の
 納付期限の延長・猶予を行います。
・事業所が災害を受け、事業を休止したなどの理由により就労
 ができず、賃金を受けとれない状態にある方は、失業給付が
 受給できます。
・被災された方の失業給付は、住所地以外のハローワークでも
 受給できます。
・緊急避難している方の一時入居先、緊急避難場所として雇用
 促進住宅を提供します。
・労災保険給付の請求に関して、事業主や病院などの証明が
 困難な場合は、証明がなくても請求を受け付けます。

【詳しくはこちら】
(別紙3「これまでに発出している通知等」をご覧ください)
https://krs.bz/roumu/c?c=2514&m=3398&v=78eafe05

【政府の最新対応状況】
https://krs.bz/roumu/c?c=2515&m=3398&v=f9cf9b22


負けるな日本! 負けるな東北地方!

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

休業手当の「使用者の責めに帰すべき事由」とは
皆さん、こんにちは。湯澤@情熱社労士です。

あまり批判をしたくはありませんが
昨晩から今朝がたにかけての東京電力の情報提供・情報公開
には苦言を呈したいと思います。
ハッキリいって、非常に中途半端で、安心どころが不安を
与える内容で会見の意味はあるのか?と思います。

政府の対応も、苦言を呈したいです。

いずれにしても、何のための情報提供・情報公開なのか。。。
不安を感じている人たちに「正しい情報」を提供することで、
本当に必要な対応をとってもらう、協力をしてもらうという
ことではないか?

繰り返しますが、不安だけを与える会見は、やめていただき
たい。あわせて、こんなときに「専門用語」を言われたって、
一般庶民には到底理解できないのだから、できる限り誰でも
わかる言葉で伝えてもらいたい。
本当に、総理大臣のリーダーシップに期待します。



さて、今回の件で「休業」をする場合の取扱ですが、ここに
とりまとめをしておきたいと考えます。
なお、いくつかの労働基準監督署に確認をしておりますが、
今回の事象については、後日、厚生労働省から通達がでる
のではないか、ということですので、今後、取扱が変わる
場合がありますので、ご了承ください。


Q:労働基準法第26条の休業手当に関する「使用者の責め
に帰すべき事由」とはどのような要件なのか?

A:実は、労働基準法上「使用者の責めに帰すべき事由」に
  ついて詳しく規定がありません。そこで行政通達を見て
  みると、次のような取扱になります。

(1)使用者の責めに帰すべき事由にあたらないもの
・自然現象による休業(ただし休電であっても、作業休止
 する必要がない部分の休業や使用者が管理上の通常の注意
 をすれば防止できたにもかかわらずそれを怠ったために
 生じた休電、自家発電を利用すれば仕事を継続できた休電
 を除く)(昭23.6.16基収第1935号)
・代休付与命令による休業(昭23.6.16基収第1935号)
・ボイラーなどの汽罐検査による休業
・健康診断結果に基づいての休業や労働時間の短縮
(昭23.10.21基発第1529号)
・労働争議のためにその組合員以外の労働者が労働力を供給
 できなくなった場合
・ストライキ解決後、創業再開にあたって流れ作業の時間的
 格差のために一斉に就業させることができなかった場合
(昭24.12.2基収第3281号)
・使用者の労働争議行為である工場閉鎖のための休業
(昭23.6.17基収第1953号)

(2)使用者の責めに帰すべき事由にあたるもの
・経済産業省の操短勧告による休業
・中小企業安定法による生産制限による休業
・経済事情その他外部の事情による休業の場合(原料の不足、
 配給機構の不円滑、倉庫充満などによる休業)
・親工場の経営難から下請企業が資材、資金の獲得ができず
 休業した場合(昭23.62基収第1998号)
・一部の労働者のストライキで残りの労働者を就業せしめる
 ことが可能であったにもかかわらず使用者がこれを拒否
 した場合(昭24.12.2基収第3281号)
・解雇が裁判所の仮処分で無効とされた場合
・仮処分の取り消しが言い渡されるまで解雇予告手当が支払
 われない場合は支払日までの期間

不可抗力が帰責事由に含まれないことについては問題あり
ません。問題は「不可抗力」であるか否かの判断が非常に
難しい問題です。不可抗力とは、
(1)第一に、その原因が事業の外部より発生した事故で
   あること
(2)第二に、事業主が通常の経営者として最大の注意を
   尽くして、なお避けることのできない事故であること
の二要件を備えたものでなければなりません。

詳細は、今後の厚生労働省の通達を待ちたいと思います。

頑張れ日本!、頑張れ東北地方!!!


東京都中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区
・文京区・品川区・目黒区・江東区内の労働問題はいつでも
お気軽にご相談下さい。


東京都・東京都中央区・東京都近郊の社会保険労務士(社労士)をお探しの方はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


顧問社会保険労務士事務所(顧問社労士)を替えたいお客様はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


標準料金表はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/charge/charge.html


■障害者雇用・特例子会社の設立等についてもご相談を承ります。

経営コンサルティング・不動産のことはこちらから
株式会社サイ・パートナーズ
http://www.sai-p.co.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。