人事労務管理相談、給与計算、労働社会保険、外注、人事評価給与制度制定・改訂・見直し・支援、労務監査、
株式上場・公開、管理職教育・研修、残業代固定・削減・割増率、中小企業基盤人材確保助成金等の問題に対応します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正しい言葉で情報の伝達を!
皆さん、こんにちは。湯澤@情熱社労士です。

ここ数日の残暑、一体、どうなっているのでしょうか?
”秋”が待ち遠しいですね。


今日は、朝から外部セミナーに参加したのですが。。。
急遽、仕事の予定が入り、午前でセミナーは切り上げて
事務所に戻ってきました。


ん~
今日のセミナーは、数年ぶりの同業者が開催するものでしたが、
同業者ゆえ、誤まった言葉で伝えていたので「大丈夫か?」と
思いました。
しかも、後日、DVDにして売るといっていたけど、本当に大丈夫???
と思いましたが。。。


細かい話は抜きにして、
(1)時間外労働の対象か否かは、その人が管理職かどうかではなく
 「監督若しくは管理の地位にあるか否か」だし、また、
  スタッフ職についても、企業内における処遇の程度によっては
  これらの者に含めて取扱うことが妥当であると考えられるし
(2)上記(1)に該当するような方が法律上適用除外になるのは
  労働時間、休憩、休日であって、休日は「休日出勤手当が対象に
  ならない」のではない。
  ようするに週1回の休日か4週4日の休日の規定の適用が除外で
  あるわけで。。。


噛み砕いて話をしている。。。
そう理解をしたとしても、あの伝え方で理解した人は、きっと
現場でも誤まった理解のまま運用をしてしまうんだろうと思います。
現場での労使紛争は、まさに「ちょっとした言葉の行き違い」
からだって起こっているのです。


私も人前で話しをする機会がありますが、仮に、どんなに噛み砕いて
分かりやすく伝えるにしても、使っていい言葉とそうでない言葉は
法律を扱う者として正確に使っているつもりです。


自分は自分で、
事務所スタッフとともに自己研鑽を続けていこうと思います。



今日の夜は、自分が経営をする会社の代表者としての打合せです。
明日、明後日は、その関連の仕事になるかな???
ん~~~~~事務所の仕事でも重要性の高い仕事もあるし。。。

1日、30時間くらいにならないでしょうか???

さぁ、この後も頑張るぞ、俺\(^o^)/


東京都中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区・豊島区・文京区
・品川区・目黒区・江東区内の労働問題はいつでもお気軽にご相談下さい。


東京都・東京都中央区・東京都近郊の社会保険労務士(社労士)をお探しの方はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


顧問社会保険労務士事務所(顧問社労士)を替えたいお客様はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/


標準料金表はこちらから
http://www.office-yuzawa.com/charge/charge.html


■障害者雇用・特例子会社の設立等についてもご相談を承ります。

経営コンサルティング・不動産のことはこちらから
株式会社サイ・パートナーズ
http://www.sai-p.co.jp/


スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。