人事労務管理相談、給与計算、労働社会保険、外注、人事評価給与制度制定・改訂・見直し・支援、労務監査、
株式上場・公開、管理職教育・研修、残業代固定・削減・割増率、中小企業基盤人材確保助成金等の問題に対応します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社労士業界の人材育成の重要性について考える
皆さん、おはようございます。湯澤@情熱社労士です。

今日は暖かい日だと思えば、次の日は急に寒くなったり。。。
身体が気候についていけてないかも?

睡眠は十分に取ろうっと!


最近、「社労士は、会社業績に貢献できているのか?」

について考える場面が多くなってきた。



昨日も、人事制度の相談をいただき、話を聞いてみると

「形骸化してしまって、まったく使えていない」

という現実。


また、現行社労士に相談しても、期待する回答が来ないetc。。。


このご時世、教科書に書いてあるような質問は一切くるわけがない。
にもかかわらず、「何となく」回答をしているのだろか?

その回答を聞くたびに「えっ、何故ここでそんな回答を出すの???」
という場面に遭遇するときが多い感じがする。


社労士は、このままでよいのだろうか?

良いわけがない。



考えて考えて、これでもかこれでもかと死ぬほど考えて答えを出す。
こういったことが出来る人材が少なすぎるような気がしてならない。

いよいよ来年は、人材育成事業に力を入れないと。。。

そう思う、今年の師走です。


具体的に何かを開始する際は、このブログで発表をしよう。


まずは、目の前にある諸問題の解決が最優先だ!

頑張るぞ、俺\(^o^)/
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://officeyuzawa.blog88.fc2.com/tb.php/384-fa01af22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。