人事労務管理相談、給与計算、労働社会保険、外注、人事評価給与制度制定・改訂・見直し・支援、労務監査、
株式上場・公開、管理職教育・研修、残業代固定・削減・割増率、中小企業基盤人材確保助成金等の問題に対応します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再スタートにあたり・・・
急展開であるが、明日から、うちの事務所は、私一人体制に戻る。
理由は色々とあるのだが、過去のことを書いても前に進まないので
今後、どうするかについて、一旦とまってでも、再度考え直したい。


1.事業のこと
事業には、投資、維持、回収の3つのステージがあると思う。
少なからず、うちの事務所で「回収」にあたる事業はなく、
投資と維持の事業をどのように展開していくかがポイントだ。
全速力で走りながら、ここまできたので、この事業戦略が
できているようで出来ていなかったと、改めて思う。

結果的によいのと、計画をたててその結果がよいのとでは
大きく異なるはずだ。当然。。。


2.人材
人材には4つの区分けがあると考える。

(1)ヒトが良い=仕事がよくできる
(2)ヒトが良い=仕事はできない
(3)ヒトが悪い=仕事がよくできる
(4)ヒトが悪い=仕事はできない

うちの事務所は、原則として(2)しか採用しない。
というのも、(1)が来てくれるほどの労働条件は、
現時点では整っていない。だけど社労士業界では最高の労働環境を
目指してやっているのも事実ですが。。。

これは、うちの事務所で育った人材を世の中に送り出す
ということを考えているからだ。
といっても、そんなに大げさなことではなく、まずは
社会人として常識的なナマーが土台であるのは当然のこと
(といってもこれが出来るヒトが少ない・・・)、
この土台に知識・技術を掛け合わせていくイメージだ。

最後に気持ちを掛け合わせ、日々成長していく人材の完成だ。


仕事のテクニック論など話は一切しない。
何を話し伝えるかといえば、「何故そうなるのか」「何故これをやるのか」
といった目的意識を徹底的に植え込んでいる。

しかし、私のやり方の問題なのか、今の若者の意識の問題なのか、、、
テクニック論に走りすぎていると思う。
昔ながらのアナログが通じない。これが一番残念だ。



いずれにしても、肩肘はらずに、今日、今からリスタートだ。




今日は、午後3時間講座で講義をし、足がだるいです。

そうそう、昨日、2ヶ月ぶりにランニングをしたことも影響しているな。
きっと
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://officeyuzawa.blog88.fc2.com/tb.php/23-48889c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。